スロットで1500万以上稼いだ、あきしゃんの経歴と経緯(自己紹介)

はじめまして、
あきしゃんという名前でブログを書いてます。

まずお前誰だよ、
となるので、自己紹介させていただきます。

僕は現在、スロットの情報発信をやっています。

なんでスロットの情報発信をしているのかですが、
それは自分のスキルや武器というものを作り、
人生の選択肢を増やしておきたいからです。

また、新しいことに挑戦して、
毎日刺激のある生活にしたいというものもあります。

この2点があるので、
今はスロットの情報発信をしてます。

年齢ですが30歳になります。

で、実績になりますが。

今までスロットで稼いだ金額は1500万以上です

最高月収は80万になります

あとは、箇条書きで軽く紹介します。

  • 人の半分の労力で時給4000円を越える
  • 資金も才能もない状態から情報を集めまくって稼げるようになる
  • 金銭的自由を得たので好きな物を好きなだけ食べれるようになる
  • また好きな時に好きな場所に行くことができる
  • 休みは自分で決めれるので、寝たい時には寝たいだけ寝れるようになる

こんな感じです。

月収80万とか、時給4000円とか書くと、一気に胡散臭くなりますねw

胡散臭い話ですが、
もし信じて僕の話を聞いてくれたら、
面白い世界に連れて行きます。

書いてて、自分で胡散臭いと思ってしまうw

ま、いいや。

書きたいように書きますわ。

1500万以上儲けたとか言うと、
才能があったんじゃないのと思うかもしれませんが、僕に才能なんてありませ

スロットは才能じゃなく、
情報とマインドが大事ですしね。

まぁどちらも僕の発信から学べますので、
楽しみに待っていて下さいね。

上のほうでスロットで儲けたなんて書いてますが、
初めから勝てたわけではありません。

僕も負け組の期間があったのです。

負けてた時は、
バイト代12万の内、
9万を三日間で使ってしまうほど、
スロットを打つのが下手くそでした。

あと僕が、よく打っていたリオパラダイスという台を
常連のスロプロに打たれて2箱カチ盛り出されて怒り狂ってました。

あいつらイベントの日だけ来やがって、俺がいつも打ってる台を打つなよ

とか、

ね。

だから、負けてる人の気持ちが痛いほど分かるんですよ。

・・・。

ここからは僕がスロプロを目指した理由や、
スロットで勝てるようになったゼロイチの話をします。

ーーーーーーあきしゃん物語ーーーーーー

あきしゃん物語

小、中学生暗黒時代の話や、
その後、約3年間、家に引きこもってた話は、
掘り下げません。

割愛。

ある日のこと、家で自宅警備をしていた僕に、

母が唐突に「面接に行くよ」と言った。

「え?」

と思ったが、18歳の僕は、お金に目をくらまされて、面接に行った。

というのは、

その頃、コンビニでファッション雑誌を見ては、

この服買いてーな

と思っていたからである。

ちなみにですが、ファッション雑誌は、エロ目的で読んでましたw

そのついでで、洋服を見るようになって
ファッションに興味が出たんです。

あと、ゲームとかも買いたいなーとかも有りました。

だから、働くのには不安が有りましたが面接に行きました。

会社に着いて、事務所で挨拶をしたら、

面接は、まさかの無しでした。

なぜかと言うと、以前兄が働いていたこともあり、面接はしなくてもいいと。

挨拶だけして、作業場をさっと見学して終わり。

所要時間、約5分。

マジで早すぎました。

次の日から、豆腐屋で働くことになりました。

引きこもり豆腐屋で働く

豆腐屋で、働くもハイペースで怒られる日々。

「遅い、もっと早くやって」

「俺君、休憩が長くない?休憩時間分かってるの?」

「あー、それじゃダメだよ〜」と

色んな人から怒られたり注意をされた。

だがしかし、

これは、お金の為だと我慢した

それから、まもなく給料日が来た。

7万〜8万あったはず(正確には覚えてない)

母に食費等の3万やって、

手元に5万。

元引きこもりには大金だった

お金が入り、前からやりたかったことがあった。

それはスロットだ。

以前、兄に連れられてスロットを打ったことがあり、
自分のお金でも打ちたいなと思っていた。

そんなこんなで、スロットを打つようになった。

スロットは凄かった。

何が凄いって、1回のビッグで5000円以上も出るからだ。

僕のバイトの時給は620円で、8時間だから1日働いても約5000円

ビッグが来れば歓喜した。

だがしかし、毎回負けた。

勝った記憶が無いほどだった。

僕は、びっくりするほどスロットが下手だった

人生を変えたスロプロとの出会い

僕のよく行ってたパチ屋で、
ある時期から勝つ人が続出した

というのは、過疎店なのに還元日がヤバいほど、
出始めたからだ。

しかし、

僕は、ちょいちょいしか勝てなかった。

その店に、一人のスロプロが通うようになった。

そのスロプロの風貌は、カンニング竹山を若くした感じの、
メガネの兄ちゃんだった。

歳は20代半ばくらい?だった。

そのカンニング竹山似の兄ちゃんは、
毎回のように出していた。

2〜4箱は出していて、

僕は、

あの人、毎回勝っててすげー

あれが、スロプロか。いいな〜、僕もスロットで生活したいな〜

と思っていた。

しかし、

僕はスロット生活なんて出来る訳がないと思っていた。

だから、仕事を辞めることが出来なかった。

そんな時、

仕事場でパートのばばぁに注意をされた。

僕は、もう限界だった

次、注意されたら仕事を
辞めようと思った。

そしたら、

直ぐに注意された。

次の日、バイトに行くのを止めた

フリーターなんちゃってプロになる

数日が経ちスロットが打ちたくなった。

マイホに新台が入っていたので打ってみたら
高設定が打てた。

しかも、三日間連続打てた。

僕は、その日スロプロになると決意した。

4ヶ月で100万も儲けた

ある時、風の噂で、
近場にてグランドオープンする店が
あるという情報を得た。

で、

情報を集めると本当だった。

グランドオープンに行ってみた。

初日は、バウンティキラーを打った。
二日目は、天地を喰らう→信長の野望(設定6)を打った。

二日間で、10万ほど儲けた。

スロットってこんなにも
簡単だとは思わなかった。

と、勘違いをした←ここ大事。

スロットは簡単なので、
色んな店のイベントにも参戦することにした。

すると、簡単に設定6が打てた。

イベントに行けば、設定6が打てた。

で、

勝ちまくった。

めっちゃ勝ちまくった。

勝ちすぎて、
自分より上手い奴なんか居ないと思った

僕は完全に天狗になっていた

絶望

前回、高設定が打てたホールに行くと、
かなりの人数がいた。

物凄くライバルが増えていた。

僕が雑誌イベにて、
毎回、ピース写真を撮ってもらってるからスロプロが集まったみたいだ。

それは、後で分かったこと。

で、

人が増えたなー。

ま、俺より上手い奴は居ないし、
どうでもいいなと思った。

で、

その日は負けた。

それからは、

抽選で弾かれて新台が打てない、
なぜか高設定が打てない。

という日が続いた。

負けが込むようになった。

僕は、

最近、全然勝てんな・・・。

もしかして遠隔か?
と思った。

それからも負け続けた。

負けすぎて、
イライラすることが多くなった。

あのスロプロが居なければ、
設定6打てたのに

とか

あの店員ちらちらと、こっちを見るなよ、うざいんだよ

とか思った。

それからも負け続けた。
月の半分以上負けた。

勝てる時は少額。
負ける時は大金だった。

勝てん・・・

全く勝てん

絶対に遠隔だ
と思った。

ある特定の店がめっちゃ負けていたので、
その店を捨ててみた。

しかし、負けた。

・・・。

遂に、100万以上有った貯金が尽きてしまった。

その時に気づいた。

俺は、そんなにスロット上手くないと・・・。

悪魔の囁き

お金がない。

全くない。

財布の中身が200円も無かった。

さすがに、
仕事をするしかない思った。

だがしかし、
履歴書を買うお金もない。

どうするか悩んでた時に
あることを思いついた。

そうだ、兄からお金を借りよう

兄にメールを打つと、
快く快諾してくれた。

兄から、
お金を借りて。

とりあえず、
安心した。

これで、履歴書は買えるし、
ちょっとした食べ物も買えるから。

それで寝た。

数日経ったある日、

胸騒ぎがした。

ざわざわ。

ざわざわ。

“このお金、増やせるぞと”

いや、もし負けたら
かなりヤバい。

と、葛藤が始まった。

ざわざわ。

僕は、悪魔の囁きに負けた。

だがしかし、スロットでは
負けるわけいかないと思った。

だから、

マイホで、
一番固く勝てる羽根モノで勝負しようと思った。

新装開店初日に、
羽根モノを打ってみた。

借りた1万の内、
初めから、

8000円も飲まれて、
死にそうな顔になった。

次の500円でかかった。

そのあとは、ハマリも少なくて出続けた。

で、

その日は最終的に5万くらい勝った。

それから、数日間羽根モノを打ち、
軍資金が10万を越えた。

借りたお金を返済し、
携帯代や家賃等を支払うと。

残りは5万を下回った。

人生を変えた日

僕はスロットで勝ちたかった。
でも、スロットは遠隔されてるような気がした。

その時、ふと思った。

遠隔ってなんやろか・・・。

ということで、
遠隔について調べてみた

そしたら、

大手の店は、
遠隔してないことが分かった。

やってるのは、
個人経営や小規模店だと分かった。

ほう。

じゃあ、ホルコンは何なんだろうか?と思った。

ホルコンを調べたら、
データを吸い上げるシステムだと分かった。

そのデータを使って経営に
役立たせるのが目的だと理解した。

じゃあ、

俺は、なぜ負けてるんだろ?と思った。

で、色んなキーワードでググってみた。

スロット勝ち方や
スロット必勝法とか

あらゆる、
キーワードで調べていると、

関連キーワードに、
スロットブログとあった

僕は、興味本位でブログを見てみた。

そのブログは、
兼業スロッターのブログだった。

ブログを見ていると、
勝っている様子だった。

とりあえず、
全部の記事を確認した。

というのは、
自分よりレベルが
高いように感じたからである。

なるほど

こいつは前日を考慮して狙ってるんだな。
あと収支もちゃんと付けてるんだなと思った。

だがしかし、
こいつが本当のこと書いてるのかが怪しかった。

だから、
他の人のブログも確認してみた。

すると、
全く同じ立ち回りだった。

前日、当日を足して打つ、
宵越し狙いをして、
収支を付けてるだけだった。

マジで?

そんなんで勝てる?と思った。

で、

そいつらは毎月勝っていた。

僕は、こいつらばっかり
美味しい思いをしてるのがズルいなと思った

僕も美味しい思いがしたい!

だから、
とりあえず、真似してみようと思った。

で、

見よう見まねでやってみたら、
一発目から5000円も儲けた。

あまりにも簡単に勝てたので、
またやってみた。

すると、また勝てた。

僕は、

うおおおおおおおお、これは勝ったぞ」と

勝利の雄叫びをあげた。

天井狙いで味をしめた僕は、
本格的に天井狙いをやり始めた。

すると、
直ぐに結果が出た。

月に10万勝てるようになった。

それからも、
ハイエナを実践しまくった。

そしたら、
半年もしない内に月収20万を超えた。

超嬉しかった。

終わり。

まだ続きがありますが、
長いので一旦終了します。

今回はここまで、

では。

続きはこちらです。
(初期編)スロット勝ち組になれた直後の話

オススメ記事はこちら
スロットで負けてる人の特徴3選
【鬼楽しい】脱無限ループという生き方

【ST】設定狙いターボ
メールアドレス
Powered by メール配信システム オレンジメール

1日たったの5分メールを読むだけで月収20万へ。

今メルマガに登録すると4つの限定特典が貰えます

そのメルマガ限定の特典とは、

・たったの1ヶ月で月に10万勝つための成功法則とは(音声)

・マイホがボッタ店なのか優良店なのか一瞬で見分ける方法(PDF)

・【スロット】たったの30分で7200円稼ぐ方法(PDF)

・裏視点レポート(PDF)

この4つの特典を差し上げています

メルマガを見ることで得られるメリットやプレゼントの詳細を知りたい方はこちらをタップ

メールはいつでも解除できますし、僕以外からメールが来ることは100%ありません。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

1日1ポチッとお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください