【経験値ゼロ】スロットスキルが全く伸びなかったあの頃

こんばんは、あきしゃんです。

今回は、スロットスキルが伸びなかった昔話でもしてみます。

スロット生活をはじめて直ぐの頃、
僕は状況に恵まれていて、
色んな店で勝ちまくっていました。

なんで、

勝てたかと言いますと、

店が還元してるけど、
人が少なかったからです。

要は、

ライバルが少なかったのです。

で、

僕は、勝ちまくっていたので、

「俺スロット上手すぎやろ」

と思ってました。

でも、
状況は直ぐに変化しました。

ライバルがガンガン増えてきて、
抽選で弾かれて打ちたい台に座れないのです。

でも

僕は、

「今まで100万以上勝って来たんだ」

「こいつらレベル低そうだしどうでもいいや」

って思って稼働を続けました。

その結果、
全く勝てなくなりました。

負けて、負けて、
負けまくりました。

あまりにも負けるので、

「これは遠隔だわ」

って思ってました。

この頃の思考として
イベントに行けば勝てる。

出てる台が開いたら直ぐに抑えて打つ。
なぜなら、出たってことは高設定の可能性が高いから。

とにかく

出そうな台を設定判別して、
高設定を探しながら打つという感じでした。

この思考は

今思うと笑えます。

なぜなら、
軸がないからです。

軸がないので、
調整のしようがないのです

つまり、

ブレがあるものに、
無理やり法則性を見つけて勝とうとしてるのです

あの頃の僕は、

バカだったなぁ〜て思います。

見ているのが、
その日の状況だけで、

その他大勢の人と同じ、
条件で打ってましたからね。

てか、

必死こいて、
設定差を覚えてましたわ。

今なんて、

ほぼ覚えてないですからねw

台を抑えてから、

スロットを打ちながら、
スロマガで設定差をちょろっと見て、
判別する感じです。

それで、

なんで勝てるかと言いますと、
打つまでに9割ほどの労力を使って、
狙い台を作ってるからです

座るだけで勝てる。

これを意識して打ってます。

スロプロは皆この思考です。

その日やることは、
台を抑えること。

これだけです。

それを成立させるために差枚のデータとか取ってます。

ま、勝つためには当たり前だけどやってない人多いです。

あとデータを蓄積していくと思わぬことに気がつきます。

は?

マジで?

嘘だろ?

ってw

驚愕の事実ってあるんですよ。

それは、

差枚のデータ取りをした人だけしか気づけません。

多く人は、

今回の記事を見ても、

「まーたデータ取りの話しかよ。」
「そんなこと知っとるわ。」

って思って行動しません。

ま、

表面的な情報なんて価値ないですけどね。

もっとすげー画期的なノウハウを教えてよと
思うかもしれないですが、
そんなものは残念ながらないです。

僕らがやっていることは
非常にシンプルです。

イベントの日になったら夜に差枚のデータ取って、
次の稼働に生かす。

これだけなんです。

データが貯まると、
法則性が見えて来て、
店がどの機種に高設定を何台いれてるかも
丸分かりになります。

その時に、

うわー

ボッタくりだと気づきますw

今の知識でボッタやんけとか違くて、
これは酷いなと。

でも、自分だけ勝てるし、
パチ屋に入っても、
自分だけしか勝ち組じゃないぞとか普通にあります。

しかも、

すげーいい台とか落ちてんですよww

1万勝てる台とかあります。

いやー

いい思いができますわ。

なんか自慢話っぽくなって来たので終わりにします。

今回ここまで。

では。

友だち追加

なぜLINE@やっているのか? プレゼントの価値とは?についての詳細はこちらです。

現在、LINE@友達追加で、

1、「設定狙いの全体像」

2、「設定狙いで勝てるようになったゼロイチレポート」

3、「裏視点レポート」

4、「軍資金3万で勝つ!立ち回り全集レポート」
計4つをプレゼントしています。

LINE@では、主にブログ更新情報を出してます。

プレゼントだけ受け取って、すぐにブロックしても構いません。

たったの"2タップで追加できます"ので、 LINE@バナーをタップして追加してくださいね。

※追加しただけでは名前は分かりません。

あなたからトークをして、はじめて名前が分かります。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

1つでも学びになったなと思ったら応援クリックお願いします。

クリックしていただくとモチベが上がるので更新頻度が上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください