【暴露】スロット雑誌やスロットブログを見ても勝てない理由wwww

こんにちは、あきしゃんです。

今回は、スロット雑誌やスロットブログを
見ても勝てない理由について話していこうと思います。

必見です。

毎度ながら、先に結論から言います。

上記2つの情報を得ても勝てない理由とは、
完全に情報過多が原因です。

要は、要らん情報が有りすぎるわけです。

どこを見て、どこが要らないって、
判断するのは難しいですからね。

取捨選択ってむずいですよ。

というのは、

どこを重点的に調べれば
良いのかが分からないです。

だから、

全部見ちゃうんですよ。

必要のない情報を

情報を得ても勝てない理由は
“情報過多”だったということが分かったと思うので、
その対応策についても話そうと思います

で、

今回は、スロプロの取捨選択の秘密も
暴露しちゃいます

通常では聞けない話です

それでは、

だらだらと喋っていきます。

スロット雑誌

僕がスロット雑誌を見ていた頃は、
必要な情報を5〜10分くらい、
入手してました。

スロプロが見るところは、
設定456の機械割の部分、

ゾーンの箇所、

モード移行率。

まぁこの辺です。

で、

一番、時間をかけて見るのは、
モード移行率です

モード移行がある機種は、

食えること多いので、
凝視して見てました

“鬼武者再臨”という機種があったんですが、
僕だけが攻略してたので、
めっちゃ食えましたw

僕の地域は、
レベルが鬼低かったですw

普通、モード移行率がある機種は、
攻略するやろと。

僕は、

前回、モードAだったら、
次はモードB濃厚と予測し、

狙い目G数を下げて打ってました。

しかし、

下手くそな奴は、
狙い目通りにしか、
打てません

だから、

そこで、差が付くわけです。

・・・。

この話って、

もしかして、

わかんないかも・・・。

僕が言いたいことは、

再臨が攻略できたぞ、
ドヤ顔。

ってことじゃないですからね。

“モード移行する機種は食えるよ”

と言いたいのです。

再臨の話は、

ただの具体例ですから。

これで、
わかりますよね?

あ、絆で喋ればよかった・・・。

絆0スルー狙いで、
話したほうが良かったですねw

すみません、
もう面倒臭いので終わります。

絆の0スルー狙い程度の情報は、
ググれば出るのでそちらに任せます。

こちらでは、

レベル高い話を続けますね。

スロットブログ

スロットブログって、
2つありますよね。

解析サイトと稼働ブログです
まぁ複合もありますが。

で、

僕がどのように見てるのかですが、

解析サイトはツールとして見ております。

一方、

稼働ブログの方は、
狙い方が記載されてるので、
その情報だけを頭にインプットしてます。

つまり、

稼働ブログで覚えた狙い方を、
パチ屋で探しつつ見つけたら、
解析サイトで確認して打つ。

みたいなイメージです。

そんな感じですかね。

まぁ1年くらいしたら、
稼働ブログは見ないですけどね。

娯楽として見る分には良いんですが、
もう分かってる話ばっかりなんで勝手に見なくなります。

鬼レベル高い話なんて出てこないですから。

「こんな風に打ってます!」

という有り触れた情報しかないですからね。

・・・。

まとめ

スロプロが
スロット雑誌を見るところは、

456の機械割。
ゾーン箇所。
モード移行率。

スロットブログは、

稼働ブログを見て覚える
→店に行ったら狙い目を探す。
→解析サイトで再確認する。

です。

今回はここまで。

では。

こちらはオススメの記事です。
スロットで1500万以上稼いだ、あきしゃんの経歴と経緯(自己紹介)
スロットで負けてる人の特徴3選

友だち追加

なぜLINE@やっているのか? プレゼントの価値とは?についての詳細はこちらです。

現在、LINE@友達追加で、

1、「設定狙いの全体像」

2、「設定狙いで勝てるようになったゼロイチレポート」

3、「裏視点レポート」

4、「軍資金3万で勝つ!立ち回り全集レポート」
計4つをプレゼントしています。

LINE@では、主にブログ更新情報を出してます。

プレゼントだけ受け取って、すぐにブロックしても構いません。

たったの"2タップで追加できます"ので、 LINE@バナーをタップして追加してくださいね。

※追加しただけでは名前は分かりません。

あなたからトークをして、はじめて名前が分かります。
にほんブログ村 スロットブログへ
にほんブログ村

1つでも学びになったなと思ったら応援クリックお願いします。

クリックしていただくとモチベが上がるので更新頻度が上がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください